お知らせ

FC2 BLOG オフィシャル
おすすめブログに認定されました !!!

CalendArchive

プロフィール

可愛 猫子

Author:可愛 猫子
アメリカ サンディエゴ在住 14年。
学校で洋裁、写真のコースを勉強中。アメリカ人の旦那と大学生の息子、かわいい猫2匹との生活や、何気ない普段の出来事などを中心にお届けします。

ブログランキング

2つのランキングに参加しています。 クリック頂けると、とても励みになります。
よろしければ、1日1回のクリックをどうぞお願い致します。              ↓    ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

素材屋さんリンク

私のサイトで利用させて頂いている素材屋さん。
とてもお世話になっています!

メールフォーム

私までご連絡いただく場合は
こちらをご利用下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

一両日中にお返事致します。
RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

介護の難しさを改めて実感

私の両親も、気がつけば80歳を超える年齢になり、特に父は歩くのがだんだん難しくなって、できる事はご飯を食べる事とテレビを見ることだけという生活になっていました。

現在、父は介護認定の2を受けています。


一方、母は父の介護が大変でどんどん疲れて体力もなくなり、このままでは母が倒れてしまうかもしれない、という瀬戸際に来ていました。 それで今回、日本に帰国する事にしたんです。


私の弟も東京に住んでいるので、万が一父も母も倒れてしまったら、誰も二人を見る事ができなくなるので、それを防ぐために色々試行錯誤した結果、父を老人ホームに入れる事を決意しました。 私と弟でその手続を全部済ませてから、私はアメリカに戻ってきました。


家が大好きだった父が、老人ホームに入ってもらうのは、並大抵の事ではなかったのですが、でも弟と私の必死の説得で、納得してもらって老人ホームに入る事ができた、と思っていました。


でも今回改めて、老人ホームに入ってからがすごく大変だった!という事実を知る事になります。


父が入った施設は、まだ新しくとてもきれいな所です。

納得して入ったはずだったのに、父は家に帰りたいとダダをこねて、老人ホームの人を困らせる日が続いていたようです。 でもそれは特別な事ではなく、老人ホームに入っているほどんどの人が通る道だとか。


特に男性はなかなか環境に適応できない事が多いそうです。


私の知人のお父様の場合も、毎日のように誰かに電話してここから出してくれ、と言っていたそうで、老人ホームから電話がかかってくるたび大変だった、という話を聞きました。


また母も、これが私たち家族にとってベストの選択だったという事はわかりながらも、本当にこれで良かったのか、と色々と思い悩む日々が続いているようです。


アメリカに帰ってきて私が願う事は、父が早く老人ホームでの生活に慣れてくれる事と、母も父の事を考えず、体を休め、のんびりと生活をしてくれる事です。


両親の住む大阪にも、至る所に老人介護のためのデイケアセンターや、老人介護施設などがあるのを見て、今、日本が高齢化社会の真っ只中にあることを改めて実感しました。


今回経験してみて、肉親の介護の難しさを実感しました。決して避けては通れない問題だけに、これからも色々と考えていく必要がある事も....。


写真_ネコ_Tabi_Icon2_20110916 写真_ネコ_kuro_Icon2_20110916 素材_ふわふわり_Heart
ランキングに参加しています! クリックににご協力頂けるととてもうれしいです♡
どうぞよろしくお願い致します。
素材_ふわふわり_star

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。